せどりの狙い目は“ハードオフ”

古書量販店で掘り出し物を安く仕入れ、転売して利益を得るという「せどり」業は、該当商品を仕入れるのが難しくなったということで、市場としてはかなり縮小傾向にあるのは事実だと思います。

なにしろブックオフなどは開店直後からせどりを狙った人々が押し寄せ、一気に商材を漁っていくわけですから、まさに地引き網のように売れる商品は1時間も持たずにごっそりと無くなってしまうのが常です。

せどり業者の敵はせどり業者という状態が長年続いているわけですから、ブックオフは当然、その他の古書量販店でも状況は同じになってしまっています。
そうなると、個人の古書店などにせどりの対象を加えるという手もありますが、個人の古書店はそれこそ百戦錬磨の店主が店を構えているわけで、余程間抜けでもない限り、安く仕入れるということは簡単ではありません。
勿論、専門外の分野の値付けを間違えるということはあり得なくはないですが。

そうなると途方に暮れてしまうわけですが、案外盲点なのがブックオフの兄弟店のようなハードオフですね。

ハードオフはブックオフと併設されていることも多いです。
当然そこでは、ブックオフでは扱っていないような、家電などを中心とした品揃えですが、ほとんどの店でゲームソフトやらCDやら、ジャンクの扱いで売っていることが多いです。
ただ、それは基本的にブックオフですら売れないようなモノだったりするので、せどりの対象となることはまずないです。しかし、稀に本やDVDが紛れていたりすることもあり、それがお宝だったりすることが意外とあります。

ブックオフに行くときはハードオフにも足を伸ばし、CDなどには目もくれず「違和感」のあるモノが混じっていないか調べるということが必要かもしれません。

関連記事