【体験談】穴場だった地元の古本屋でのせどり

以前、あちこちの新古書店を巡ってせどりを行っていたのですが、コミック関係はなかなか掘り出し品が見つかることも少なく利益が上がらないので、その頃は基本的に専門書をメインにせどりを行っていました。

しかし、ある時、地元の小さな古本屋の存在をふと思い出したのです。ほとんど趣味で営業しているような店舗で、立ち読み客は多いものの、本を買って帰る客が極端に少ないといった印象の店でした。

コミックが店内の大半を占めていたので、当時の自分のせどりのスタイルには合致しない商品しかないという意識があり、立ち寄る対象から無意識のうちに排除してしまっていたのでした。

が、ある時、その古本屋がせどりの穴場であることを私は知ったのです。ほんの気まぐれで、他店でのせどりの帰りがけにその書店に足を運んでみたのですが、普段そこで立ち読みしている客が手にしないようなレアなマンガ雑誌が大量に在庫品として棚に並べられていたのです。

店主にそれとなくそのレア雑誌のことを尋ねてみると、先代店主が開店当時に仕入れたらしいものの、今まで全く買い手が付かず、邪魔なので処分しようと思っているとの答えが返ってきました。

私はそこにあったレア雑誌すべてをせどりし、オークションで大きな利益をあげることに成功しました。

近所の小さな古本屋だからといって、安易にスルーしたままでは勿体ないです。せどりを行う際は必ずチェックしてみてください。穴場であれば、せどりの大きなチャンスが巡ってきます。

関連記事