【体験談】初めてのオークションは残念すぎました

オークションといえば、わたしは先日オークションでかなり悲しい思いをしました。

家にある使っていないモノや、捨てるにはまだもったいなくて充分使っていただけそうなものを誰かに譲ってお金になるのなら…とオークションに出品したのです。

そういうものが家の中に溢れていたため、思い切ってあれもこれもと、オークションがはじめてだというのに片付けのプロにでもなったつもりになってたくさん出品したのです。子供が着た服などキレイな状態の服はかなりたくさん出品しました。

商品の説明はひとつひとつなかなか大変で、老眼が進んできた目にはつらいものがありましたが、それでもひとつひとつ愛着があるものばかりだったので、丁寧に商品説明を頑張りました。
そしてやっと商品説明の確認ができオークションに出したのですが、オークションのシステムがよく分かっていなかったので「1円落札」というものを選んでしまって、とても理不尽な思いをしてしまったのです…。

1円落札とは1円から入札できるというものですが、それを選んでしまったため大切にしていた衣類が3円とか6円で入札されたり…そのほかにも考えられないような結果になってしまって、最終的には泣く泣く残ったものを引き取りました。

関連記事