WHOISとは

2015.10.17

Whoisとは

「Whois」とは、ドメインの登録者に関する情報を、インターネットユーザーなら誰でも検索できるサービスのことです。

Whoisによって、ドメインに関する以下のような情報を得ることができます。

  • レジストラ名(「レジストラ」とは、インターネット上の住所にあたるドメイン名の登録 申請を受け付ける組織のこと)
  • 登録ドメイン名のプライマリ(1番目)およびセカンダリ(2番目)ネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前および住所
  • 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
  • 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

古物営業法における「Whois情報」の活用

古物商などがインターネット上で古物の売買を行い、それが古物営業法上の「ホームページ利用取引」に該当する場合は、その利用するホームページのURL(アドレス)の届出とそのURL(アドレス)の使用権限の証明が必要となります。

その際のひとつの証明方法として、この「Whois情報」が利用されます。
「Whois情報」におけるドメインの登録者名が、古物商の氏名又は名称(法人の場合)と同一であれば、その古物商にURL(アドレス)の使用権限があると判断されるわけです。

関連記事